工事不要ですぐに使えるソフトバンクair

ソフトバンクairは、airターミナル3をコンセントに繋いで設置するだけで、特別な設定も必要無くすぐにWi-Fiが使えるサービスです。



通信プロトコルにはソフトバンクのスマートフォンにも使用されており繋がりやすさと安定性に定評のある障害物に強いAXGPとTD-LTEを採用し、下り最大350Mbpsの快適なデータ通信を利用できます。



WPS機能を搭載しており、対応している機器であれば設定画面を開くことさえ無く、簡単にSSIDの設定が行えます。
そんなソフトバンクairの利用シーンとして想定されるのは、手軽にデータ通信を利用したい方はもちろんのこと、物件の状態や賃貸住宅の契約などから光ファイバー回線などの敷設が困難なケースで固定回線の代替としての役割としても大きな注目を集めています。



その象徴となるのが、ソフトバンクairとソフトバンクスマートフォンを同時加入すれば、光ファイバーサービスと契約した場合と同様の「おうち割光セット」の存在で、毎月の料金から1000円割引となるサービスも提供されています。

一般的なモバイルデータ通信と大きく異なる点は、データ容量無制限で使い放題となるのに加えて、購入またはレンタルするairターミナルはブロードバンドルーターとしても機能し、Wi-Fiの親機だけではなく搭載されているLAN端子にパソコンなどをケーブルで接続すれば、まるで固定回線のような感覚で利用することができます。