Wifi 自宅で使う方法やメリットと注意点

Wifi自宅で使うには、インターネット回線の契約と無線LANを用意する必要があります。

このときのポイントに、接続する機器で使用されている電波の規格を確認しておきます。2.4GHzは障害物に強いですが、電子レンジなどにも使われるので干渉して不安定になることがあるのが特徴です。5GHzは干渉する機器が少なく高速通信が可能ですが、障害物に弱い特徴があります。2.4GHzにしか対応していない機器もあるので、このときに5GHz対応の無線LANを購入しても接続できません。

近年の無線LANは両方の電波に対応しているものが多いのでそれほど問題にはなりませんが、パソコンやスマートフォン側が対応していないと5GHzに接続できないことは知っておきましょう。Wifi自宅に設置するメリットになるのが、データ使用料の上限を気にせずに使えることです。この方法では携帯電話会社の通信回線は使用していないため、契約しているインターネット回線が常時接続で料金が固定になっていれば使い放題になります。

通信速度も速くなるので、動画を良く見る場合などもWifi自宅を利用すると便利です。Wifi自宅で使うときには、設置場所も重要になるので十分に検討しましょう。無線LANから距離が離れると通信速度が低下し、障害物も増えるので家の中心に設置するのが基本です。届かないところが出て不便であれば、中継器を使えば対応できます。また、床にそのまま置くよりも1、2mの高さにした方が電波が届くようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *