住まいの大きさで変わる無線LANルータの選び方

category01

無線LANルータの選び方ですが、利用する環境を考えなければいけません。



部屋が3つから4つ以上ある広々としたマンションの場合、上位のモデルを買いましょう。
部屋数が多く家全体の面積が広いと、設置した無線LANルータから、各部屋まで電波が綺麗に行きわたらない恐れがあります。

マンションに無線LANルータを設置する場合、物理的な制約があり、玄関や電話の近くに置かなければいけない可能性が高いです。

一応一般的なモデルでも平均以上の電波の強さがあり、家族それぞれの部屋までWi-Fiの電波が届きます。

ただし肝心の感度が低ければないも同然です。

感度が悪いと普通にネットを見るだけでも、ロード時間が掛かります。

普通サイズのデータをアップロードするだけでも長時間、待たされることになり、かなりストレスフルです。



具体的には有名メーカーが販売する定価一万円以上のモデルがオススメです。一方でワンルームマンションの選び方はどうなるのでしょうか。結論としては安価な無線LANルータで十分です。



ワンルームだと電波が比較的弱い数千円の製品でもまんべんなく、部屋の隅まで届きます。

壁や扉などの遮る物もありませんし、トイレやお風呂でもWi-Fiの感度は良好でしょう。
2LDKの場合、上位モデルと安価なモデルのどちらを選ぶべきか、選び方に苦慮するかもしれません。


その場合はとりあえず安価な物を買ってみて、もし感度が悪いようであれば中継機を買い足す対策をしましょう。

無線LANの知っておきたい常識

category02

無線LANは無線でインターネットを使うためには、無くてはならないものとなっています。パソコンをはじめとしたモバイル機器は、無線LANによってインターネットと繋がります。...

subpage

無線LANの納得の事実

category02

無線LANルーターの選び方をどうすべきかは製品の数が多いため迷うところですが、目的やスペックなどといったポイントをいくつか挙げていくことである程度製品を絞り込むことができるでしょう。目的を重視した無線LANルーターの選び方では、自宅での利用をメインに考えているのであれば固定回線を利用することができる据え置き型の製品の中から、外出先での利用機会が多くなるのであればモデムが内蔵されているモバイル型の製品の中から選択すると良いです。...

subpage

ソフトバンクエアー関係の情報

category03

ソフトバンクairは、airターミナル3をコンセントに繋いで設置するだけで、特別な設定も必要無くすぐにWi-Fiが使えるサービスです。通信プロトコルにはソフトバンクのスマートフォンにも使用されており繋がりやすさと安定性に定評のある障害物に強いAXGPとTD-LTEを採用し、下り最大350Mbpsの快適なデータ通信を利用できます。...

subpage

ソフトバンクエアーの秘密

category04

ソフトバンクairは面倒な手続きや工事などが不要で自宅にWi-Fiアクセスポイントを作ることができるので初めて一人暮らしをする人や担任赴任をする人などが賃貸物件でWi-Fi接続をする際によく選ばれています。ソフトバンクairは単体で契約してもキャンペーンが実施されているため低コストで利用できるのですがSoftBankやワイモバイルの関連サービスと組み合わせて契約することでよりお得に利用できます。...

subpage